チケット価格はどのようにして決定されるのか? 〜その仕組み

「トレイダーズ証券」の『みんなのバイナリー』はあらかじめ設定された6つのレートから顧客がレートを選択し、判定時間後の終値がそのレートに届いているかどうかを判定するだけのシンプルな取り引きです。このレートを選択することをチケット購入と『みんなのバイナリー』では呼んでいますが、チケットの価格は変動しています。

『みんなのバイナリー』では予想的中時の払い戻しは1000円と定額になっています。その代わり、チケット価格を変動させることでペイアウト率を変えているのです。

つまり、ほかのバイナリーオプション業者同様に「達成する可能性が高いものほどペイアウト率が低く、その可能性が低いものほどリスクもあるためにペイアウト率が高い」わけです。

払い戻しが定額なので、ペイアウト率を変動させるには、チケット価格を変動させるしかないわけです。

『みんなのバイナリー』のチケット価格は最低で50円から最大でも990円です。ですので、ペイアウト率は最低で約1.01倍、最大で20倍ということになります。達成する可能性が高いものほど990円に近づきますが、リスクは非常に低いでしょう。逆に達成できそうにないものほど50円に近づきます。


このように『みんなのバイナリー』のチケット価格は時間の経過やその時点での為替の変動で変わってきます。同じ目標レートであっても、購入受付締切までの残り時間によってチケット価格は違います。ですので、チケット購入受付開始直後は達成の可能性も低いので、チケット価格も安い傾向にあります。その分ペイアウト率は高くなります。逆に締め切り間際ではチケット価格が高くなる分、達成する可能性も高くなります。

リスクが高い分、チケット価格が安く、リスクが低い分、チケットが高いという他社とは逆になっていますが、『みんなのバイナリー』のチケット価格はこうして決まるのです。

50円から始められて10分後には最大20倍の収益が出る可能性あり!

ページ上部に戻る